矯正歯科

"ものがうまく噛めない"、"出っ歯が気になる"、などの症状にお悩みになっていませんか?
矯正歯科とは、歯を顎の骨の中で少しずつ動かすことにより、 歯並びを整え、噛み合わせを良くする ことで、これらのようなお悩みを解消する治療です。審美的な目的で行うことも多いですが、歯列を綺麗にするということは、歯ブラシがしやすくなるので、 虫歯や歯周病を防ぐことにもつながります。 歯は、外見を大きく左右するもので、歯並びに自信がもてると笑顔も増え、次第に心も明るくなり、心理的にも影響をあたえます。

基本的な治療方法としては、個々の歯に金属やセラミックなどのブラケットと呼ばれる装置を装着し、細い針金を結んで動かします。その他にも太い針金を部分的に使用したり、取り外しのできる装置を使う場合があります。 装置は個人個人に最も適したものを適した時期に使います。 見えない 裏側矯正やマウスピースによる矯正 も行っております。(歯並びによっては対応できない場合もあります。)

 お子様の矯正 も行っています。"どの時期から始めたら良いの?"等の質問も受け付けておりますので、お気軽にご相談ください。


左:透明ブラケット(¥500,000)
右:銀ブラケット(¥400,000)


上の歯列:透明ブラケット装着図
下の歯列:銀ブラケット装着図


装置を【装着】した後

基本的に週1回程度の来院をしていただき、ワイヤーやゴムを交換したりする等の調整を行います。その場合、調整費が1ヶ月に¥10,000かかります(何回来院しても料金は変わりません)。また、装置が壊れた、外れた等の場合も別に料金がかかることはありません。

ブラケット装置の装着期間は、歯並びの状態によって異なりますが、 大体1年~2年半程度 となります。詳しくは、お口の中を拝見させていただいた際にお話させていただいております。

装置を【外し】た後

歯並びが綺麗になり、ブラケット装置を外した後、歯列の後戻りを防ぐため、取り外し式の保定装置を製作します。入れ歯タイプとマウスピースタイプがあり、お選びいただけます。これを 就寝時に1年程度 を目安に付けていただきます。

裏側矯正とは?

"美しい口元になりたい"、"歯並びを治したい"、と思っても、あの矯正装置を人から見られるのはちょっと・・・と思う方は多いのではないでしょうか。そんな方のために考案されたのが、外からは見えない「裏側矯正」です。

裏側矯正のメリット・デメリット

 舌側矯正の最大のメリットは、なんと言っても外から矯正器具が見えない ことです。
人と話をする時に気を使ったり、口を大きく開けられない等、精神面からの解放感は非常に大きなメリットであると言えるでしょう。
最も大きなデメリットは、舌の先が装置と触れるために、喋る時に多少発音がしにくいことです。個人差があるため、一概には言えませんが、約2~3週間で違和感に慣れ、普通に話せるようになるので心配は要りません。
また、表側の矯正と比べると治療に高度な技術を要し、期間も長めになり、それだけ費用も高くなるというデメリットがあります。

治療費用、治療期間においては、個々で異なるためご相談ください。


ご予約:03-3979-5558

東京都板橋区高島平7-12-5
キャニオンマンション第10高島平

都営三田線「新高島平駅」徒歩1分